“喧嘩が上手”の読み方と例文
読み方割合
ハンディ・アト・フィスト100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
リンピイは跛足のくせに素晴しく喧嘩が上手だったから、お婆さんも重宝がって、格別追い出そうともせずにただだけ預けとくがいいよと言った程度に置いてやっていたのだ。