“上手物”の読み方と例文
読み方割合
じょうてもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あのわずかな「上手物」は美しい場合でも、どこかに病いが見え、しい「下手物」は粗末な場合でも、どこか健かである。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
だがいかにこの「上手物」に現れた美が、「下手物」を美しくしている諸条件を、具備しているかを注意せねばならぬ。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
答 貴重品である「上手物」よりも、むしろ「下手物」とられてきた雑器類にかえって工藝美の健全な表現がある。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)