“唐叔偕”の読み方と例文
読み方割合
とうしゅくかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若い時、同村に棲んでいる唐叔偕と夫婦になる約束をしていたが、そのうちに道平は、徴発せられて軍人となり、南の国へ征伐に往って、敵の中へ陥って九年の間も帰ることができなかった。
再生 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)