“哮立”の読み方と例文
読み方割合
たけりた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しさに、涙にび、声を震はせ、「こは殿にはものに狂はせふか、何故ありての御折檻ぞ」と繰返してはゆれども、此方憤恚に逆上して、お村のも耳にも入らず、無二無三に哮立
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)