“名瀬”の読み方と例文
読み方割合
なぜ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっと驚く変化は、奄美大島古仁屋でダマクラ、名瀬でカマクラ、それからもう一つ変って隣の永良部島ではハマクラ、喜界島ではマンカとまでなっている。
煙に包まれる硫黄島とか、鉄砲で名高い種子島とか、恐ろしい物語の喜界とか、耳にのみ聞いたそれらの島々を右に見、左に見て進みますと、船は奄美大島名瀬に立寄って
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
久高の島でもクラグワの他にまたユムルヤー、名瀬ではまたヨメンドリともいう人があるそうであるが、その起原は正しく「読む鳥」、即ち「口の達者な鳥」に出たものである。