“合巻物”の読み方と例文
読み方割合
ごうかんもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金平本、黄表紙、洒落本、草双紙、合巻物読本といった種類のものをこみで一手に集めて来たものらしいから、白雲は
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
『妙々車』という合巻物でございます、春馬作、国貞画とありますが、まあ、わたしの書いたところを
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
種彦合巻物を読んでいた親爺も、碁と将棋をちゃんぽんにやっていた親爺も、それの岡目をしていた親爺も、昼寝をしていた親爺も、そこに集まる親爺という親爺が