“合切”の読み方と例文
読み方割合
がっさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旧来の陋習を破ったらどうだというんだ。一切合切を前例に守っていたら、人間はいまだに、人間の肉を食って、生活しなければならないんだ。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
私は一切合切ぶちまけちまう。そうなれば無論私も罪におちるが、あなたは身の破滅だ。生きちゃいられない。だからさ、私のいうことを承知する外はないのだ。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
なんによらず一切合切もらうことにしておいて、いっこう差閊えない。
浴槽の花嫁 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)