“司馬牛”の読み方と例文
読み方割合
しばぎゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
司馬牛しばぎゅう憂えて曰く、人皆兄弟あり、我独り亡しと。子夏曰く、しょう之を聞けり、死生命あり、富貴天に在りと。君子敬して失うこと無く、人と恭にして礼あらば、四海の内、皆兄弟なり。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)