“司馬牛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しばぎゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“司馬牛”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 東洋思想 > 経書14.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
司馬牛しばぎゅう憂えて曰く、人皆兄弟あり、我独り亡しと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)