“司馬懿仲達”の読み方と例文
読み方割合
しばいちゅうたつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中でも、司馬懿仲達は、魏にとっては、まず当代随一の元勲だった。自然、彼の一門は、隆々、勢威を張るにいたった。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その人とはほかならぬかの司馬懿仲達であります。先年、敵の反間に乗せられ給い、市井の流言を信じて彼をご追放になりましたことは、かえすがえすも惜しいことでした。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
司馬懿仲達は、帝がそれにうごかされんことをおそれて
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)