“右之助:ゆうのすけ” の例文
“右之助:ゆうのすけ”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“右之助:ゆうのすけ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
聴いてくれ、私には、たった一人のせがれがあった。右之助ゆうのすけと言ってな、先ず十人にも優れた若者であった——と申しても、決して親馬鹿の言い草では無い。