“古梅園”の読み方と例文
読み方割合
こばいえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さっそく松井元泰編「古梅園墨談」という本を見つけて送ってくれたので、始めてだいたいの具体的知識に有りついた。
錯覚数題 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それでも古梅園の墨の如きは、歴史が続き、よくその声価を保つものの一つであります。毛筆が悦ばれる限り、硯と共に墨の需用は絶えないでありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
水入る水ではない。五六輪の豆菊した硝子小瓶を花ながら傾けて、どっと硯の池に落した水である。さかにり減らした古梅園をしきりに動かすと、じゃりじゃり云う。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)