“南柯夢”の読み方と例文
読み方割合
なんかのゆめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はこの机の上で、弓張月を書き、南柯夢を書き、そうして今は八犬伝を書いた。
戯作三昧 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
線の太い歴史物よりは『南柯夢』や『旬殿実々記』のような心中物に細かい繊巧な技術を示しておる。『八犬伝』でも浜路雛衣口説が称讃されてるのはち文章のためばかりではない。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
彼はこの机の上で、弓張月を書き、南柯夢を書き、さうして今は八犬伝を書いた。
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)