“半夏”の読み方と例文
読み方割合
はんげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奧州の南部には、字の讀めない者に讀ませるやうに、——繪で書いた暦がある。——禿頭に濁りを打つて半夏と讀ませる——と言つたやうな話を
硫黄か懐中付木をふところにして乗ると船に酔わないというが、ひどく船酔いした時には、半夏陳皮茯苓の三味を合せて呑ませるさ、だが、そんな物のない場合が多いから、しかる時には
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
禿頭に濁りを打って半夏と読ませる——と言ったような話を思い出して、俺はさっそく麻布の南部様御屋敷へ出かけたのさ