“包囲陣”の読み方と例文
読み方割合
ほういじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全身に、妙な白い入墨をした原地人兵が、手に手に、をひきよせ、を高くあげ、十重二十重包囲陣をつくって、海岸に押しよせる狂瀾怒濤のように、醤の陣営目懸けて攻めよせた。
「大丈夫か、外から狙っている奴等の包囲陣を突破することは……」
暗号音盤事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
蠅男包囲陣
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)