“削合”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けづりあ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“削合”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あゝ、自分はかの眼もくるめく電灯のしたで、無智なる観客を相手に批評家と作家と俳優と興行師とが争名さうめいと収益とのしのぎ削合けづりあふ劇場の天地を一日も早く忘れたい。
海洋の旅 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)