“刀根”の読み方と例文
読み方割合
とね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飲むも飲まぬも読むも読まぬも、人〻の勝手で、刀根の川波いつもさらつく同様、紙に鉛筆のあたり傍題
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
刀根の下流の描写は、——大越から中田までの間の描写は想像でやったので、後に行ってみて、ひどく違っているのを発見して、惜しいことをしたと思った。やはり、写生でなければだめだと思った。
『田舎教師』について (新字新仮名) / 田山花袋(著)
天龍刀根湖水
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)