“共生”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ミットレーベン100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“共生”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 倫理学・道徳25.0%
哲学 > 仏教 > 各宗6.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
共生ミットレーベンということの意味を生活体験的に考えるならば、必ず父母を基として、国土に及ばねばならぬ。
もしも二人が運命と運命とを触れあわすならば、二人の醜いこと、苦しいこと、羞かしいことをも共生ミットレーベンするならば、肉交にかぎらずインニッヒになる。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)