“八田知紀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はったとものり75.0%
はつたとものり25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八田知紀の名歌とか申候。知紀の家集はいまだ読まねど、これが名歌ならば大概底も見えき候。これも前のと同じく「霞の奥は知らねども」と消極的に言ひたるが理窟に陥り申候。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
八田知紀翁の『霧島山幽界真語』の終りに、次のような一話が載せてある。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
八田知紀の名歌とか申候。知紀の家集はいまだ讀まねどこれが名歌ならば大概底も見え透き候。此も前のと同じく「霞の奧は知らねども」と消極的に言ひたるが理窟に陷り申候。
歌よみに与ふる書 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)