“先殿様”の読み方と例文
読み方割合
せんとのさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お絹の仕えた神尾の先殿様の墓はこの浜松の西来院にあって、そうしてこの浜松の城下はお絹の故郷でありました。
大菩薩峠:07 東海道の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
……この豊前へ来て、一時は、馬の草鞋など作って、露命をつないでいたものじゃが、その後、倖せあって、当細川家の先殿様、三斎公のお見出しに預り、今では当藩にみな御奉公いたしておる身じゃ
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この切髪の婦人というのは先殿様であったので、殿様がくなって殊勝らしく髪を切って、仮りに花の師匠となり、弟子というものもさっぱりないけれども