“儀助”の読み方と例文
読み方割合
ぎすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
問屋の九太夫、年寄役の儀助、同役の新七、同じく与次衛門、これらの宿役人仲間から組頭のものはおろか、ほとんど村じゅう総がかりで事に当たった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
儀助、儀助っ、おれだ、木村丈八だ。——まだ起きていないのか、急いでここを開けてくれ』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは金兵衛と桝田屋儀助二人が特に多くの金高を引き受けたというので、その挨拶の意味のものだ。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)