“僞首”の読み方と例文
新字:偽首
読み方割合
にせくび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分からもガラツ八を説いて、『いざ三々九度の杯といふ時、眞物の聟の錦太郎と入れ替はらせるから』といふ條件で、く聟入の僞首になることを承知させたのでした。
太郎危ふしと見て、八五郎に言ひ含めて、身代りの僞首に仕立てたのですが、曲者を少し甘く見過ぎて、驅けつけるのが遲かつたばかりに、危ふく八五郎とお葉を死なせるところだつたのです。
「解らねえ聟ぢやないか、三々九度は僞首ぢや勤まらないよ」