“僞裝”の読み方と例文
新字:偽装
読み方割合
ぎさう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな綽名がどうかすると、飛んだ喰はせ者の僞裝になつて居ることを、いろ/\の機會で教はつて來て居るのです。
それは、手代の米松の、臆病さうな僞裝をかなぐり捨てた、猛惡無殘な顏だつたのです。
少し離れた石垣の下で怪我死をしたやうに僞裝されたのでした。