“価貴”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“価貴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
早や数百金にもなりつらむと思ふ頃、その中より数枚を取り出し、丸山の妓楼に上り、心利きたる幇間に頼みて、の香煙の器械一具と薬の数箱を価貴たかく買入れぬ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)