“侘:わびし” の例文
“侘:わびし”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“侘:わびし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
硝子囲がらすがこいの温室のような気のする、雨気あまけと人の香の、むっとこもった待合のうちへ、コツコツと——やはり泥になった——わびしい靴のさきを刻んで入った時
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)