“伊丹城”の読み方と例文
読み方割合
いたみじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いうまでもなく、その後の消息と、に、荒木村重の伊丹城へ赴くことになった事情を、書中つぶさに伝えておいたものだろう。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なぜといえば官兵衛は、主命をおびて、伊丹城き、村重が卑劣なる奸計に陥ちて幽囚されたもの。正邪な歴々、天下の衆目、誰か彼を曲として憎まぬものあろうや。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
織田信長の寄手の一軍は、機をすかさず、伊丹城へ入って、これを占拠してしまった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)