“摂州伊丹”の読み方と例文
読み方割合
せっしゅういたみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
義理のために死を致す事、これ弓馬の家のならい、むかし摂州伊丹に神崎式部という筋目正しき武士がいた。伊丹の城主、荒木村重につかえて横目役を勤め、年久しく主家を泰山の安きに置いた。
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)