“伊丹屋”の読み方と例文
読み方割合
いたみや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十三屋の文吉が、娘のお曾與を伊丹屋に嫁入りさせることになつた話は、平次の耳にもよく聞えてゐたのです。
伊丹屋の娘だと仰有いまして、眼のるようなお美しい方が、駕籠でお見えでございます」
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「千三つ屋の文吉奴、自分のとこの七つ下りの娘を伊丹屋へ押付けたいばかりに、ひどい罪を作つてゐますぜ」