“他所乍”の読み方と例文
読み方割合
よそなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「相濟みません、——實は他所乍らでも錢形の親分さんにお目に掛つて、そつと申上げたいことが御座いますので、此處まで無理をして參りましたが」
せめて他所乍ら守護するつもりだつたと解り、一度でも嫁をんだのは相濟まぬことと思ひましたが、家出した當時は、打ち殺しても了ひたいほど腹を立てたもので御座います
なアに、有りやうは、他所乍ら師匠の顏が見てゐたいんで——