“今年藁”の読み方と例文
読み方割合
ことしわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新らしい今年藁をもって念入りに俵を編み、それに次の苗代種籾を入れて、年越にはそれをの前、神棚の下、または大黒柱の根もととか、臼柱の片脇の臼の上とかに積み上げて
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)