“仁淀川”の読み方と例文
読み方割合
によどがわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その遅くから大雨になって風がそれに添うて来た。雨と風は次第に強くなるばかりであった。高岡町を流れている仁淀川は、汎濫して両岸の堤防が危険になって来た。
水面に浮んだ女 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)