“仁川行”の読み方と例文
読み方割合
じんせんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
儂既に決心せし時なれば、直ちにこれを諾し、大井、小林と分袂し、新井と共に渡航のに就き、崎陽に至り、仁川行出帆を待ち合わせ居たり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)