“人雑”の読み方と例文
旧字:人雜
読み方割合
ひとまぜ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三度目馬鹿というやつだ、人頼みでは、が明かぬ、こう思ったか単身で、よくそれでも切り込んで来た、もうこうなったらこっちのもの、俺の方で勘弁しない、人雑なしだ、一騎討ち
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)