“人造生物”の読み方と例文
読み方割合
じんぞうせいぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曲面盤もなければ、ガラスの皿もない。そのガラスの皿の上にのっていたぶよぶよした灰色の——谷博士の作った「人造生物」も、どこへ行ったか、見えなかった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)