“人参湯”の読み方と例文
旧字:人參湯
読み方割合
にんじんゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まア、取っておくがいい。大名ほどのは出来めえが、それだけありゃ、町内の人参湯で一日っていられるだろう」
「ええ、人参湯でございますからね」と、乳呑を抱えた、近所の若いお内儀さんらしいのが話しかける。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「十五六軒はありますよ、寿屋人参湯、金物屋、尾崎屋——」