“京津”の読み方と例文
読み方割合
けいしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先頃京都にゐる間にも三條大橋の京津電車の終點からゆけばわけないので、幾度か思ひ立ちながら毎時好機を逸してばかりゐた。
湖光島影:琵琶湖めぐり (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)