“亢然”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かうぜん50.0%
こうぜん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“亢然”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
錦太郎は勝利感に陶醉たうすゐして亢然かうぜんとなりました。
「いいわ。結構よ。」美和子は、亢然こうぜんと、それに答えると、一散に奥へ走って行った。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)