“乳育”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そだつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乳育”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
自分の子の好侶と思い翻してこれを乳育そだつる、牝獅帰って子が失せたるに驚き、探り行きて牝虎が乳呑ませ居るところへ来ると、大いに愕き逃げ出すを牝獅が呼び止め何と爾今じこん一処に棲んでなんじが不在には我が儞の児を守り我不在にはわが児を儞に託する事としようでないかというと