“九月一日”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くがついちにち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“九月一日”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大正十二年たいしようじゆうにねん九月一日くがついちにち關東大地震かんとうだいぢしんおいて、著者ちよしやのよくつてゐる某貴族ぼうきぞくは、夫妻ふさいそろつて潰家かいか下敷したじきとなられた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)