“九品”の読み方と例文
読み方割合
くほん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だから俳句も上品上生の人の俳句はそれなりに選抜をして採る。以下下品下生に至るまで九品の仏のそれぞれの俳句は、それぞれの天分に従って採る。とこういう考えが私の頭の中にあった。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
僧侶だけでも、五岳の碩学、洛中洛外の禅律、八宗の沙門、余す者なく集会して、九品浄土五百阿羅漢、三千の仏弟子、目前にあるがごとし——と当時の目撃者はその状況をしている。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼女は「九品蓮台の中には、下品といふとも」
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)