久太きゅうた)” の例文
走り久太が、三がの町飾りや催し物の廻状を持ってきたあとから、の使いが借家の絵図面を届けてくる。角の穀屋無尽の用で長いこと話しこんで行ったばかりだ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)