“きゅうた”の漢字の書き方と例文
語句割合
久太100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
走り久太が、三がの町飾りや催し物の廻状を持ってきたあとから、の使いが借家の絵図面を届けてくる。角の穀屋無尽の用で長いこと話しこんで行ったばかりだ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)