“丹下”の読み方と例文
読み方割合
たんげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「海沿い道は、れまいぞ。今朝は折ふし満潮の時刻。なし詮なし。山の手を駈けこえて、丹下まで急ごうず」
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
緑町の比良野氏では房之助が、実父稲葉一夢斎と共に骨董店を開いた。一夢斎は丹下が老後の名である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
あるにちよう日のごご、丹下サト子ちゃんと、木村ミドリちゃんと、野崎サユリちゃんの三人が、友だちのところへあそびに行ったかえりに、世田谷区のさびしい町を、手をつないで歩いていました。
赤いカブトムシ (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)