“三笠山”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みかさやま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三笠山”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 洋画6.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
モンマルトルやサンゼルマンの夜の空に、三笠山みかさやまで眺めたと同じその明月があわれにも電光に色を失って気の毒にも誰れ一人見るものなく、四角な家と家との間に引懸ひっかかっているのだ。