“山三”の読み方と例文
読み方割合
さんざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳥居の前の老木の櫻に今年はまた枯枝が多くなつたのを見た時、京子もお時も、名古屋山三の引き出した女の生首のことを思ひ出した。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「ええ、大すきよ。絵双紙でみた名古屋山三そっくりなんだもの——」
「名古屋山三さまの御着到!」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)