“三之丞”の読み方と例文
読み方割合
さんのじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そして、今の俺にはお主に当る、金座の後藤三右衛門の総領、三之丞様のところへ行って貰わなきゃアならないんだ」
黄金を浴びる女 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
夜がふけてから侍分のものが一人覆面して、をうちから乗り越えて出たが、廻役の佐分利嘉左衛門が組の足軽丸山三之丞が討ち取った。そののち夜明けまで何事もなかった。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
誰もいない——往来の者も——渡辺の三之丞ももう見えない。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)