“一太郎”の読み方と例文
読み方割合
いちたろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文久三年に生れたのが一太郎、その次は捨次郎と、次第に誕生して四男五女、合して九人の子供になり、にして九人とも生れたまゝ皆無事で一人もけない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
日本一太郎という芸名で田舎まわりをしている老手品師が、お高の父相良寛十郎のなれの果てであった。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
諭吉は、であそんでいるわが一太郎捨次郎のすがたをみながら、かんがえこみました。