“レベル”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
水準42.9%
測量機14.3%
傾斜線路14.3%
標識柱14.3%
高さ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祖先の特性を遺伝する様々なる結合に絶えず洞察の眼を放ち、以て人生の種々なる方面が次第に高き水準レベルに昇り行く淘汰の諸法則をよりよく発見し、淘汰をして最善の性質を保存せしめ最悪なるものを根絶せしむる為めにこれ等の諸法則と道徳的に結合せしむるはこれこそ誠に進化の一般の目的であると云はれなければならない。
恋愛と道徳 (新字旧仮名) / エレン・ケイ(著)
たとい表面は何事もなかったおりは、あるいはダイヤモンド、おつきあい、着物、家ぐらいですむかも知れないが、それは悲しい真に貧乏プーアな恋愛で、そんな水準レベルにおかれた恋愛で満足している男女がありとすれば、実にお気の毒なものといわなければならない。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
むろんあまりひどいものは困るが、水準レベル以上のものならよろこんで紹介するから
無名作家の日記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
そして、望遠鏡のような測量機レベルでのぞき、何かを叫んで、新しく、別なところへ持って行って、四角の杭を打ちつけた。
浮動する地価 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
測量をする技師の一と組は、巻尺と、赤と白のペンキを交互に塗ったボンデンや、測量機レベル等を携えて、その麦畑の中を行き来した。
浮動する地価 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
巻尺を引っ張り、三本の脚の上にのせた、望遠鏡のような測量機レベルでペンキ塗りのボンデンをのぞき、地図に何かを書きつけて、叫んでいた。
浮動する地価 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
そこから線路伝いに四五町ほど続いた高い堀割の間を通り抜けると、百分の一内外の傾斜線路レベルほとんど一直線に、自分の家の真下に在る枯木林の中の踏切まで行けるので、その途中の大部分は枯木林におおわれてしまっていたから、誰にも見付かる気遣きづかいが無いのであった。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そうしてその間をモウすこし行くと、見晴らしのいい高い線路に出る白い標識柱レベルの前にピッタリと立佇たちどまっている彼自身を発見したのであった。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)