“マホガニー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
桃花心木80.0%
桃花木20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桃花心木マホガニー色の半円形のテーブルの上のコップに、日本の狐のしっぽのような穂草や紫色の野草の花が插さっている。
おもかげ (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
小径は、桃花心木マホガニーやチークの大木と大木との間を縫って、だらだらと降り切ると
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
そういう、一見史文しぶん模様めいた奇妙な配合とりあわせが、この桃花木マホガニーの寝台を飾ってる構図だったのである。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ダンネベルグ夫人が横たわっている寝台は、帷幕とばりのすぐ内側にあって、それは、松毬形まつかさがた頂花たてばなを頭飾にし、その柱の上に、レースの天蓋をつけた路易ルイ朝風の桃花木マホガニー作りだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)