“ポンプ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ぽんぷ
語句割合
喞筒96.4%
竜吐水3.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熔接が終ると、次は、水槽内の水を、艇内の喞筒ポンプでもって、吸い出しにかかった。これは、大して面倒なことではなかった。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
けれど消防組はまだ一向見えぬ様子で、昼間盛んに稽古して居たその新調の喞筒ポンプも、まだ其現場に駆け付けては居らなかつた。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
屋根の模型、大砲の模型、人形の模型、動物の模型、鳥の模型、魚の模型……そうして今日の飛行機の模型、そうして今日の望遠鏡の模型、そうして今日の竜吐水ポンプの模型……地球儀の模型、螺旋車の模型、軍船の模型、楽器の模型、磁石の模型、写真機の模型……玩具屋の店へでも行ったように、無雑作に四辺に取り散らされてあった。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)