“フィリピン”の漢字の書き方と例文
語句割合
比律賓100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、奥の男子控室のすぐ前で、玄関の方に向いて立ち、比律賓フィリピンの青年と話している。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
孫七郎は、その兄、喜右衛門と共にマニラに住み、貿易を業とし、盛大をきわめていたが、機智に富み、胆略あり、イスパニア語に通じ、呂宋ルソンのみならず比律賓フィリピン群島全体の事情に精通していたが、日本に帰朝するや秀吉に謁し